おせちの基本と由来

おせち料理、今年こそ作ってみたいと思っている人。

おせち料理の基本って知っていますか?

まず、おせち料理の由来ですが、お正月がどういうものかというものから説明すると、日本のお正月は年神様が来て、年が新しく生まれ変わります。

年神様は農耕をつかさどる神であります。

日本では各家に年神さまを迎えもてなすことによって一年の豊作をいのることからお正月が始まりました。

この年神様へ供える為の料理というのがおせち料理だったのです。

もともとは神への供え物であったものが江戸時代になって現在のようなおせち料理になっていったということです。

このように神様をお迎えするお正月なので、おせち料理が日持ちする理由は、普段食事を作る女性が正月三が日は休んでもらう為という理由は実は後付けで、「神様をお迎えした新年に台所を騒がせない」と言う意味が実はあったからだということです。※参考サイト:伝統食、おせちの話

そのおせち料理の基本というものは、雑煮、煮しめ、祝い肴三種、お屠蘇、焼き物,酢の物、です。

住んでいる地域によって内容も異なりますが、祝い肴三種は
【関東】
数の子
黒豆
田作り

【関西】
数の子
たたきごぼう
田作りまたは黒豆
となっています。

この祝い肴三種は特にお正月にはかかせない料理と言われており、祝い肴と餅を揃えれば最低限のお正月のお祝いが出来ると言われているぐらいです。

その他おせち料理にはどのようなものがあるか次に紹介します。